ARTICLE

記事

《鎌倉》東と西マグロ好きはどっち?【海鮮料理】

2018/09/29

こんにちは。

 

鎌倉市JR鎌倉駅から徒歩4分のところにある
【天然三崎まぐろ丼の専門店はなたろー】です。

 

本日は西日本と東日本の
海鮮文化の違いについてご存知ですか?

 

「大阪は東京に比べて赤身の魚が少ない」

 

関東出身の人が関西に行くとそのように
感じると聞ききますがいかがですか?

 

実際、関西ではマグロの消費量が全国平均を
下回るそうですがタイやヒラメなど白身魚の
売上は多いそうです。

 

西日本では歴史的に白身魚の方が高級で良い魚とされ、
赤身魚をあまり食べてこなかったことが
背景にあるようです。

 

そもそも、なぜ関西で白身魚の消費が多いのか。
その一つの理由として、
瀬戸内海に浮かぶ島々の影響が大きいようですね。

 

島が多く、流れが速い瀬戸内海では、
明石ダイに代表される豊富な白身魚が水揚げされます。

 

太平洋からの黒潮があまり入り込まないため、
カツオやマグロといった赤身の回遊魚は
ほとんど見かけないのです。

 

一方、マグロを特に好むのが東日本だそうで、
その背景には諸説あるようですが、

 

西日本は公家の文化で上品な白(白身)を好み、
東日本は武家の文化なので、血の色(赤身)を好む
といった見方もあるようです。

 

また、西日本には押し寿司や巻きずしが
伝統として古くからあり、

 

魚は酢で締めたり、
加熱したりして食べられていました。

 

反対に、東日本では江戸時代に握り寿司が広まり、
そこでマグロの人気が出たそうです。

 

こうした歴史が、今も好みの違いとなって、
はっきりあらわれているのはおもしろいですよね。

 

当店では関西の人でも楽しめる
さまざま種類のまぐろ丼をご用意しております。


鎌倉にお越しの際はぜひ、ご賞味くださいませ。

 

 

追伸


電車を使って来店される場合は、
最寄駅はJR鎌倉駅東口から徒歩4分。

 

もし、お車で来られる際は
専用駐車場はありませんので、
近隣のコインパーキングにお停めください。

 

また店内は、全面禁煙となっておりますので、
あらかじめご了承くださいませ。

 

お店は14席とこじんまりとしていますが、
ベビーカーにて小さいお子様連れの方でも


大丈夫ですので、鎌倉観光で疲れた身体を
休めるついでにお気軽にお越しくださいね。

 

鎌倉で海鮮料理を食べる際は、
アットホームな店内でゆっくりとくつろぎながら、
ぜひ当店自慢の特上のまぐろ丼とご賞味くださいませ。

 

ご来店お待ちしております。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。