CONCEPT

コンセプト

鎌倉へ訪れたみなさんに、美味しいまぐろを召し上がっていただく。

せっかく、歴史と文化と自然にあふれる古都、鎌倉においでいただいたのですから、食事も楽しく召し上がっていただきたい。
そんな想いがこもったお店です。

小さいながらも、ご提供するまぐろはもちろん、店内のすみずみまで、店主のこだわりでできています。

納得できないまぐろは仕入れません。

一番のこだわりはまぐろの「味」。
三崎魚市場でまぐろを仕入れるさい、業者の多くは脂の乗りを確認し、手に取り揉んで肉質を確かめて品質を判断します。しかし、それだけでなく、その場で食べてみて味覚を確かめます。

肉質だけでは味まではわかりません。自分で食べてみて本当に美味しいものだけを選んで仕入れるようにしています。

そのため、市場では1日で400~500本のまぐろが競り場に出されますが、気に入ったまぐろは3本しかない、ということも。

自分が納得できないまぐろはお客様に提供したくない、というのが信念です。

銀座のお寿司屋さんで出されるレベルと品質的には変わらないものをお客様に召し上がっていただけます。

美味しかったと笑顔で帰っていただくのが喜び。

鎌倉は源頼朝、北条時政、北条義時らによって鎌倉幕府が置かれた歴史のある古都です。

鶴岡八幡宮や高徳院(鎌倉大仏)、銭洗弁天といった見どころも多く、歴史・文化・自然が堪能できる観光スポットとして有名です。

そんな、日本全国や海外からたくさんの観光客が訪れる、情緒あふれる鎌倉で美味しいまぐろを食べていただきたい、との想いから、2017年6月10日にオープンさせました。

お店のある「小町通り」は鶴岡八幡宮をつなぐ約360mの道に、伝統的な土産物屋からファッショングッズまで、約250ものお店が軒を並べる鎌倉一の観光通りです。

ランチタイムにぶらりと暖簾をくぐっていただくお客様は、お子様からお年を召した方まで、幅広い年齢層の方々です。そんなお客様に「美味しかった」と笑顔で帰っていただくことが喜びです。

アットホームな環境がこだわり。

お店は14席とこじんまりとした、無駄をなくしたシンプルな内装にこだわりました。まぐろにせよ、お店にせよ、「余計な味を加えたくない」という想いがあったからです。

誰もがくつろげるアットホームな環境で、純粋にまぐろの味を楽しんでいただきたい。本当に美味しいまぐろとは、どんなまぐろかを感じていただければと思っています。

お店も「小町通り」でも若宮大路に抜ける小路にあり、少し落ち着いた場所に位置しています。